南関東4競馬場|nankankeiba.com

浦和競馬 船橋競馬 東京シティ競馬 川崎競馬
SPAT4新規申し込み SPAT4ログイン プレミアムSPAT4ログイン
ご案内 印刷

番組について

 

Q
番組賞金の算定方法について知りたい
A

番組賞金(算定方法)

番組賞金とは、1着から5着までの着内賞金の合計です。
原則として当該競馬の前々開催(南関東4競馬開催日割を基準とする)までに収得したものです。
また、勝馬確定後に失格及び着順変更があった場合は、変更後の着順による着内賞金で算定します。

なお、3歳以上の競走で、1着賞金5,000万円を超える場合の1着馬の番組賞金は、5,000万円とします。(他地区地方競馬競走を含む)
このほか、2・3歳の競走、重賞競走及び日本中央競馬会の競走等については下表のとおり別途算定方法があります。

※1着から5着までの着内賞金に表中においてそれぞれの競走に対応する率を乗じた額(千円未満切捨)をもって番組賞金とします。

 

  競走名  
1   2,3歳馬の1着賞金700万円以上1,200万円未満の競走   80%
2   2,3歳馬の1着賞金1,200万円以上2,000万円未満の競走   70%
3   2,3歳馬の1着賞金2,000万円以上の競走   60%
4   B、C級条件の1着賞金600万円以上の特殊競走   60%
5   JRAが実施する指定交流競走   60%
6   他地区で実施するダートグレード競走
(2,3歳馬の競走に限る)
  60%

※1・2・3・4については、南関東地区の競走に限る。
※6については、平成15年1月1日以降の競走に限る。

Q
格付基準について知りたい
A

格付基準

格は「A1」〜「C3」まで8クラスあります。
上半期(1月〜6月)と下半期(7月〜12月)にそれぞれ、番組賞金による格付基準があります。

 

(単位:万円)
上半期(1月〜6月)
格/馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳以上
A1 2,300 3,000 3,600 4,700 5,300 5,800
A2 1,500 1,900 2,400 3,000 3,500 3,900
B1 1,100 1,400 1,800 2,300 2,800 3,100
B2 800 1,000 1,300 1,700 2,100 2,400
B3 500 700 900 1,300 1,700 1,900
C1 - 400 600 1,000 1,400 1,500
C2 - 200 400 700 1,100 1,200
C3 - ※200未満 400未満
80以上
700未満
160以上
1,100未満
240以上
1,200未満
240以上
※4月以降は20万円以上200万円未満
(単位:万円)
下半期(7月〜12月)
格/馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳以上
A1 2,500 3,300 4,100 4,800 5,500 5,800
A2 1,700 2,000 2,500 3,100 3,700 3,900
B1 1,300 1,600 2,100 2,500 3,000 3,200
B2 1,000 1,100 1,400 1,800 2,200 2,400
B3 700 800 1,000 1,400 1,800 1,900
C1 400 500 700 1,100 1,400 1,500
C2 200 300 500 800 1,100 1,200
C3 - 300未満
20以上
500未満
80以上
800未満
160以上
1,100未満
240以上
1,200未満
240以上

 

2-2 格付時期
3・4歳馬は、概ね下表の時期において格付します。

年齢 3歳 4歳
2 3 4 5 6 7 10 1
A1級 A2級 B1級 B2級 B3級 C1級 C2級 C3級

※10歳以上馬の出走資格等、前年次に入着歴のあるA1級格付馬に限り、当該年次の出走資格を与えられます。

Q
負担重量について知りたい
A

負担重量の定義
負担重量は次に掲げる3種類とします。

(1)定量
馬齢又は性により定めるもの
(2)別定
格、馬齢、性、番組賞金額、勝利数、その他競馬番組で定める条件により算出するもの
(3)ハンデキャップ「ハンデ」
「ハンデキャップ」により定めるもの

3-2 負担重量
(1) 2歳馬競走
(9月30日までに初日を迎える開催)
基準重量を牡馬54kg、牝馬54kgとし、番組賞金額により次のとおり加増します。
400万円につき  1kg
(10月1日以降に初日を迎える開催)
基準重量を牡馬55kg、牝馬54kgとし、番組賞金額により次のとおり加増します。
400万円につき  1kg

(2) 3歳馬競走
(1月- 6月)
基準重量を牡馬56kg、牝馬54kgとし、番組賞金額により次のとおり加増します。
600万円につき   1kg
(7月-12月)
基準重量を牡馬56kg、牝馬54kgとし、成績により加増することがあります。

(3) 格付馬
基準重量を牡馬56kg、牝馬54kgとし、成績により加増することがあります。

 

二階級三階級のクラス混合競走基準重量

性別/クラス 最上級 一階級下 二階級下
57 55 53
55 53 51
※ただし、成績等により加増・変更することがある。

 

四階級のクラス混合競走基準重量

性別/クラス 最上級 一階級下 二階級下 三階級下
58 56 54 52
56 54 52 50
※ただし、成績等により加増・変更することがある

 

(4) 勝得馬に対する加増

ア.   2・3・4歳馬競走で番組賞金算定日後に出走し、1着を得た馬は1kg加増します。
イ.   格付馬 特別競走勝馬 ・昇格予定馬 2kg加増
      特別競走勝馬 ・未昇格馬 1kg加増
      一般競走勝馬 ・1kg加増
ウ.   JRA又は他地区における交流競走で番組賞金算定日後に出走し、1着を得た馬は2kg加増します。

 

(5) 3歳馬の負担重量の軽減(アローワンス)
平成25年1月1日より、一般競走(格付馬競走)における3歳馬の負担重量の軽減(アローワンス)を以下のとおり実施します。

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
4kg 4kg 3kg 3kg 2kg 2kg 1kg 1kg 1kg
※開催初日が含まれる月の軽減を適用します。

(6) 南半球産馬の負担重量の減量
  基準重量から、下記表のとおり減量する。

(単位:kg)
距離 馬齢 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1600m
以下
2歳 3 3 3 3 3 3
3歳 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1
4歳 1 1 1 1 1 1
1600m

2400m
未満
2歳 3 3 3 3 3 3
3歳 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
4歳 1 1 1 1 1 1 1
2400m
以上
2歳 4 4 4 4 4 4
3歳 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2
4歳 1 1 1 1 1 1 1 1

※1:7月1日から12月31日までの間に南半球で出生した馬に適用する。
※2:同一開催で、開催初日と他の日の月が異なる場合は、開催初日が含まれる月の減量を適用する。

Q
騎乗制限について知りたい
A

騎乗回数

同一騎手が1日に連続して騎乗する回数は6回以下、1日に騎乗する回数は8回以下とします。
ただしレース変更等に伴う連続騎乗は、この限りではありません。
なお、重賞及び交流競走に騎乗の他地区の地方競馬所属騎手が、1日に連続して騎乗する回数、1日に騎乗する回数は、南関東地区所属騎手と同様としますが、減量騎手の負担重量の軽減は行いません。
なお、出走投票した後に騎乗変更した騎手は、その理由によってはその後の騎乗を拒否することがあります。

Q
減量騎手について知りたい
A

1 負担重量軽減の適用
新規免許騎手が競走に騎乗するときは、その負担重量を期間又は勝利数により次のとおり減量します。
ただし、騎手免許を受け騎乗経歴のある騎手は適用しません。

2 期間
(1)新規免許の日から1年未満の者 3kg
(2)新規免許の日から1年以上2年未満の者 2kg
(3)新規免許の日から2年以上3年未満の者 1kg

3 勝利数
(1)新規免許の日から10勝未満の者 3kg
(2)新規免許の日から25勝未満の者 2kg 
(3)新規免許の日から50勝未満の者 1kg
なお、この適用を受けている騎手は、次のような印で示します。
3kg減量騎手 ▲印  2kg減量騎手 △印  1kg減量騎手 ☆印
※なお、1kg適用の減量騎手から減量解除の申請があった場合は、減量を解除できます。

4 重賞競走及び準重賞競走の騎乗
(1)南関東重賞(SII・SIII)競走及び準重賞競走には騎乗できます。
(2)南関東重賞(SI)競走については、騎乗申込み時に、1kg適用の減量騎手が勝利度数31回以上の場合に限り騎乗できます。
(3)重賞競走及び準重賞競走騎乗に際しては、負担重量の軽減は行いません。