南関東4競馬場|nankankeiba.com

浦和競馬 船橋競馬 東京シティ競馬 川崎競馬
SPAT4新規申し込み SPAT4ログイン プレミアムSPAT4ログイン
ご案内 印刷

その他

 

Q
馬の毛色(種類)が知りたい
A

馬の毛色については下記をお読みください。
下図では違いが分かりやすいように着色しています。また、各馬の個体差により同じ毛色の名称でも、見た目は異なります。

 

栗毛
栗毛/Chestnut(くりげ)

被毛は黄褐色で、長毛は被毛より濃いものから淡く白色に近いものまであります。
栃栗毛
栃栗毛/Dark Chestnut(とちくりげ)

被毛は黒味がかった黄褐色から黒味の非常に濃いものまでありますが黒色にはなりません。長毛は被毛より濃いものから、白色に近いものまであります。
鹿毛
鹿毛/Bay(かげ)

被毛は明るい赤褐色から暗い赤褐色までありますが長毛と四肢の下部は黒色です。 栗毛との違いは長毛と四肢の下部の色で栗毛は黒くなりません。
黒鹿毛
黒鹿毛/Dark Bay(くろかげ)

被毛の色合いが黒味がかった赤褐色で、黒味の程度により相当黒く見えるものまであります。眼の周辺、腋、けん、下腹及び内股は褐色で長毛と四肢の下部の色は被毛の色の濃淡にかかわらず黒色です。
青鹿毛
青鹿毛/Brown(あおかげ)

全身殆ど黒色で眼及び鼻の周辺、腋、けん等が僅かに褐色です。
青毛
青毛/Black(あおげ)

被毛、長毛共に黒色です。軽種馬には比較的少なく、この毛色は季節により、毛の先が褐色となり黒鹿毛や青鹿毛のように見えることがあります。眼の周辺、鼻の周辺をよく観察して判断する必要があります。
芦毛
芦毛/Gray(あしげ)

原毛色は栗毛(栃栗毛を含む)、鹿毛(黒鹿毛、青鹿毛も含む)又は青毛等ですが、被毛全体に白色毛が混生し、年齢が進むにつれて白色の度合が強くなり、その進度は個体によりまちまちで、その色合も純白になるものから殆ど原毛色を残したままのものまであります。生時は原毛色に僅かに白色毛を混生する程度(特に眼の周辺に多い)で、中には直ちに芦毛と判定し難い場合もあります。
白毛
白毛/White(しろげ)

被毛は全体が殆ど白色であり、僅かに有色の斑紋及び長毛を有するものもあります。
皮膚はピンクで、一部に色素を有するものがあります。芦毛との違いは、生時に既に全体が白色を呈しているところです。
※日本軽種馬登録協会より参照